価格改定をツールですると・・・

価格改定をツールでやる場合、どれくらい手間が省略されるのでしょうか。


私は、価格改定をツールで行うようになってから、だいぶ手間が省略されて助かっています。


ですが、ツールを使うイメージが持てない人が多いみたいなので、そのあたりの説明をしておきます。



ツールを使う上では、アクセスキーとシークレットアクセスキーの取得が必要になるケースが多いです。


これは各ユーザーが取らなくてはいけないものなので、自分で取得をする必要があります。



取得するためには、いくつかの情報を入力する必要があるのですが、
メールアカウントを取るのと、手間は変わらないと思います。


結構楽です。3分もかかりません。


あとは、これらの情報とセラーセントラルにログインするためのメールアドレスとパスワードをソフトから入力して、
ソフトにログインをすれば、解決です。


これをしたあとは、データを同期します。


これはセラーセントラルにある在庫管理画面の情報と全く同じ情報をソフトに読み込ませるというものです。


これをすることで、ソフト上で出品した商品を管理することができます。


ですから、ソフトからセラーセントラルの情報にアクセスすることが可能なのですね。

このように、せどりの価格改定は効率化させることができるのです。